安心してカードローンを利用するための注意点

カードローンを安心して利用するためには、
まずは暗証番号の管理が重要となります。
暗証番号というのは、ATMなどの端末においては、
本人確認の最後の砦のようなもの。

ここを突破されてしまうと、いともたやすく他人のカードローンを
利用されてしまいます。消費者金融やカードローン会社も完璧ではありません。
そのため、暗証番号の管理は、安心のためにはしっかりとしておきたいものです。
暗証番号の設定自体を、まずは考えてみます。

暗証番号の設定

面倒くさいからといって、あまりにも推測されやすい番号にしてはいけません。
例えば、自分の誕生日であったり電話番号の下4桁、
あるいは車のナンバーなども推測されやすいといえます。

カードローン会社によっては、これらの番号を暗証番号にすることはできません。
さらに、0000や9999といった、同じ番号番号、
あるいは1234という連続する番号も、避けたほうが無難です。
ほかの暗証番号として使用している番号を、
カードローンの暗証番号にしておくということも、できれば避けましょう。
それはなぜかというと、どれか1つの暗証番号がばれてしまった場合、
全て同じ暗証番号であるならば、芋づる式にばれてしまうからです。

カードローンの暗証番号から他の暗証番号がばれてしまう場合もありますし、
その逆もありえます。面倒であっても、カードローンの暗証番号は
他の暗証番号と別にしておくと、安心できます。

サインについて

次は、カードローンのカード裏面のサインについてです。
これは、クレジットカード機能がついたカードローンのカードの場合です。
クレジットカードの場合には、カードが到着したらまず
裏面の自分の署名をしなければなりません。

この署名というのは、漢字でも構いませんし、筆記体でも構いません。
ただ、外国に旅行に行く人の場合には、安心のためにパスポートと
同じサインにすることをおすすめします。
仮に、裏面にサインがない状態で不正利用がなされたとしても、
カード会社ではそれに対する一切の責任を持ちませんので、
くれぐれもサインは忘れずに。

カードローン情報

利用者の声

COPYRIGHT© 2013 カードローン初心者 ALL RIGHTS RESERVED.